そもそもクラウドサービスって何?

クラウドサービスの定義

クラウドとはサーバーやネットワーク、アプリケーションがサービスを提供する事業者側にあり、利用者はコンピューターやスマートフォン、タブレットといったデバイスとネットワークに接続できる環境のみ存在する形態を言います。 元々はGoogleのエリック・シュミット氏が2006年8月9日にアメリカで開催されたカンファレンスで「クラウド/コンピューティング」という表現を使ったのが最初とされています。 クラウドサービスを利用するメリットとしては、利用者側が用意すべき環境が最小限で良いこと、プログラムのバグ修正やアップデートといった作業はサービス提供者側が行うため、利用者側が意識しなくて良いことが挙げられます。 デメリットとしては、ネットワークに接続できる環境が無ければ利用できない点があります。

クラウドサービスの問題点

クラウドサービスには多くの利点がありますが、同時に問題も多く指摘されています。 まず、データの保存場所ですが、日本国内の企業が外国のクラウドサービスを利用する場合、外国のサーバ上にデータが置かれることになるため、サーバーが設置されている国によってはその国の法律に基づいた扱いをされてしまう点があります。個人情報に関するデータや企業秘密が含まれる場合は注意が必要です。 次に、クラウドサービスが停止した場合、そのクラウドサービスに依存した業務フローが構築されていればその業務自体が停止してしまう危険性があります。業務の再開は完全にクラウドサービスを提供する事業者の復旧作業に依存してしまい、ユーザー側はなすすべが無いことになります。 このように、クラウドサービスのデメリットについてはそれがもたらす影響をよく考慮して選択する必要があります。